MENU

おまとめローンに利用

申込を再開したソニー銀行カードローン、限度額も増え、金利も下げたことからおまとめローンや借り換えローンとして十分にメリットのあるカードローンになりました。

 

ただし、おまとめや借り換えローンとして利用するには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

 

十分な貸付額と低金利

おまとめローンとして利用するためには、何よりも貸付限度額が高く設定されている必要があります。ソニー銀行カードローンは、カードローンの中でもトップクラスの貸付額と言える、最大で800万円まで融資が可能となっています。

 

おまとめローンや借り換え先として考えなければならないのが、金利で、現在抱えている借金よりも金利が低ければその分金利の無駄を省けます。せっかく借り換えたのに、金利が高くて返済にも四苦八苦してしまっては意味がありません。

 

ソニー銀行カードローンは下限金利2.5%~上限金利13.8%という設定で、高額融資になればなるほど金利が下がるので、おまとめローンとして、理想的な借り換えが出来ます。

 

総量規制対象外のメリット

消費者金融は、カードローン以外にもおまとめローンや借り換えローンを扱っているところもあります。

 

総量規制の対象となる消費者金融が「おまとめローンを扱うのはおかし」いと思うかもしれませんが、実はおまとめローンや借り換え目的で、例外的に年収の枠を超えた借入ができることもあります。

 

ただ、借入希望額が50万円を超える場合や、すでに借入が有る場合は、その借入残高と合わせて100万円を超える場合は、収入証明書類を提出して、年収を確認しなければなりません。

 

ソニー銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、年収による融資制限はありませんし、借入希望額が300万円以下の場合、収入証明書類が不要で申込が出来ます。

 

おまとめで利用する時の注意点

 

ソニー銀行カードローンを、おまとめローンとして利用するには注意点があります。

 

というのは、ソニー銀行カードローンの限度額は18段階に分けられていて、限度額がどの段階なるかは審査によって決まるので、誰もが希望通りの借入が出来るとは限りません。

 

ただし、ある程度の属性があれば高額融資も可能なので、おまとめローンとしても活用できるカードローンと言えます。